2014年09月04日

小田原は家を建てるに際し場所により埋蔵文化財の調査があります

m 004-2.JPG

市内の全てではありませんが、建設地が
「遺跡の範囲内」に該当すれば、
市が試掘調査等を行います。

そして「本格調査が必要である」と判断された
場合は、個人宅は市の費用で調査が行われ
ますが、建設は2ヵ月程度遅れます。

出土品は原則的に県の所有物となり
県か市が保管するようです。

バリアフリー住宅建設用地はこれに該当
していて現在試掘調査中の段階です。


posted by まんよう at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ・ デイカフェ活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。